バスケットボール(自分専用のものを持つことで、練習に対するモチベーションも上がるでしょう)において、ドリブルは非常に重要なプレイです。 ドリブルが上手ければ相手にボールを奪われることがありませんし、ゴールに近づいてシュートを打つことができます。 また、選択肢や視野も広がるので、プレイに幅が可能となるのです。 そのため、ドリブルの練習は欠かすことができないのです。 バスケットボールのドリブルの練習法は、以下の通りでしょう。 ・左右の手で練習(正しい方法でやらないと、いくらやっても上達しないでしょう)する ・高さを調整して練習する ・色々な種類のドリブルを試す 利き手だと上手くドリブルができても、逆の手だとドリブルができないという人が多いでしょう。 それでは、ドリブルのバリエーションが少ないですから、すぐに取られてしまいます。 両方の手で同じくらい上手くドリブルができるように、練習(最後はどれだけやったかが自信に繋がるのだとか)して下さいね。 それに、色んな高さのドリブルをするという事も、効果あり練習です。 低い姿勢でドリブルをするのが基本ですが、色々な高さでドリブルをすることにより、力の調整が上手くなります。 また、色々な種類のドリブルを試すというのも重要です。 バリエーションを増やすという意味もありますが、1つのドリブルだけを練習し続けると飽きてきます。 飽きてくると練習(その時はつらくても後で振り返ると充実していたと懐かしくなるでしょう)が面倒になるので、いろいろなドリブルを練習(最初はできなくても、次第にできるようになっていくものです)して、常に自分に刺激を与えるようにするのですー